うつ病インタビューVol.4 他人に認めてもらうという事

うつ

こんにちは!30歳2児のパパで独立に踏み切った無謀な挑戦者ことTSUNAGU.代表イベント起業家えいきです。

21741415_1424467797666937_444638589_n

私が独立した背景としまして『毎日仕事に追われて、仕事のストレスやプライベートでの悩み』を抱える人達へ、“ディズニーランド”や、“好きなアーティストのライブ”に行くような感覚で、また明日から仕事頑張ろう!そう思ってもらえる空間を提供したいと考えたのがきっかけでした。

イベントを通じて心が休まる憩いの場として、笑顔とワクワクを届け心の豊かな日本人を増やしたい!!そう伝え続けてきましたが、「うつ病を改善したい」や「自殺などが減る社会」を創造していくために、実際に患ってしまった方のお話を多くの人に知っていただく活動としてインタビューを始めまして、今回で4人目のインタビュー記事となります。

●過去の記事はこちら●

うつ病インタビューVol.1

うつ病インタビューVol.2

うつ病インタビューVol.3

それでは早速ご覧ください。

『他人に認められるという事』

SONY DSC

【名前】しんちゃん

【年齢】34歳

【職種】クラウドファンディングアドバイザー

【取材】2017年10月11日

インタビュアー:TSUNAGU.代表えいき

ライター:島袋 智輝(しまぶくろ ともき)

―まず初めに、どのような経緯で症状が表れ始めたのでしょうか?

高校を卒業して精密機械の工場に勤めていました。18歳で入社したので働いて5年目にかかろうとしていた23歳の時に発症しました。

当初の症状としては急にイライラしたり、落ち着かなくなったり気持ちの浮き沈みが激しくなり自分で気持ちのコントロールが出来なくなっていました。

とある日に、職場で私自身が自分の腕にクリップをはさんでいる状況を同僚が見ていたらしくて、「何やってたの?」と言われた時に「これは自分でも普通じゃないんだな・・・」と気が付きました。

病院に行って伝えられた病名が「神経失調?」と言われた気がします。薬が処方されまして、抗鬱薬、睡眠安定剤、更には副交感神経を抑えるために筋弛緩関係の薬も出ました。もうこの時には薬が無いと眠れない状態までに悪化していました。

―この原因はなんだったのか思い当りますか?

ちょうど入社して5年目を迎える頃でしたので、自分の立場がチームリーダーという中間管理職を任せてもらっていました。

管理職という立場ではあったものの、自分よりも実務経験のある部下もいました。上司からの指示と部下からの不満の板挟みとなる日も多かったのですが、それでもリーダーとしての責任感を感じていましたので、毎日夜遅く、大体22時過ぎまで働いて仕事に没頭していました。今思い返すとこの責任感を自分ひとりで背負いすぎてしまい、プレッシャーになってしまった事が原因だと思います。

―症状が出てからはどのように過ごされていたのでしょうか?

病院に行って診察を受けてから半年間、会社は休職する事にしました。この間は生きているのか、死んでいるのか自分でもわからない状態がしばらく続きました。 外にでると眩暈(めまい)を起こすようになってしまっていたので、人が多いところにも行けなくなりました。

休職から半年後に復帰しましたが休職明けはフル出勤ではなく、週に2日、3日と体を慣らしながら徐々に出勤日数を増やしていきました。別の部署に異動したものの、復帰してから1年後にまた同じような症状をぶり返してしまいました。しかも今度は倒れてしまって・・・・。

―復帰までにはどのような道のりがあったのでしょうか?

倒れて2回目の休職をしている際に、昔オンラインゲームで繋がっていた友人からオフ会に誘われた事がきっかけです。このオフ会に参加してから徐々に立ち直りました。 1度は断ろうと思ったのですが、この誘いをもし断ったら社会と完全に関係が途切れてしまうのではないか?という危機感から思い切って参加しました。結果的にこのオフ会がきっかけで、東京のゲーム会に参加してゲームを通してですが社会との繋がりを実感する事ができました。 それからは寝ないでゲームのシナリオを作るまで没頭するようになって、自分の作品を喜んでもらうことで自分にも自信がつき始めてきました。 職場に再度復帰した後も、部署は変わったが仕事は仕事、遊びは遊びと割り切れるようになりモチベーションを保てるようになっていました。今までは遊びの時も仕事のプレッシャーを感じて、心の余裕がどこにも無かったのだと思います。

―2度目の職場復帰されたあとの近況は順調なのですか?

勤続10年を迎えると会社から9日間連続の休みが貰える制度あるのですが、その連休を使って1人で北海道までツーリングに行きました。当時は28歳でしたが、道中バイクのブレーキが折れたりハプニングも色々起きたりとしましたが、様々な試練を乗り越える事が出来たことで自分もやればできるじゃん!ということに気付きました。それからは 「もっと自分の好きなことを仕事にしたい!」と思うようになって、精密機械の会社は退職する事にしたんです。退職後、東京のゲーム開発プランニングがある専門学校に入学して、卒業後はゲームプランナーの会社に勤めました。 その後、ヘッドハンティングを受けて業務委託契約という形で良い待遇で別の会社に転職もしました。結局、2016年12月にこの会社も辞めて今では独立してゲーム開発などに携わっています

―最後に、実際に辛い経験をされてみて大事に思う事はなんでしょうか?

ゲーム開発で自分の得意分野を活かして他の人に喜んでもらうことが嬉しかったです。人から認めて貰ったり、褒めてもらったり、承認欲求って大事なんだと気が付きました。 倒れる前はコミケに行ってボーナスなど派手に使ってストレスを発散していたのですが、それだけでは「こころの維持」は出来ませんでした。自分が主体的になって、心から楽しめる空間、他人に喜んでもらえるような環境に身を置くことが大事なんだ、と思います。

●TSUNAGU.に期待すること

・主催して会を拓くことの大変さを知っているので、今のまま毎月定期的に開催し続けてほしい!各々が開催すると力が分散してしまうので、私にも協力できることはしていきたい。応援しています!

以上。

そんなしんちゃんが直近で企画しているイベントがこちら!!

夢を叶えるためにクラウドファンディングで成功する9つのこと」

東京・八丁堀、2017年11月21日(火)19:15-21:30で開催されます。

夢を叶えるためにはどうしても欠かせないのが「資金集め」ですね。

クラウドファンディングの認知度は非常に高まってきていますが、目標金額を達成できているにはコツがいります。

TSUNAGU.代表えいきも1度試みましたが、100万円の目標に対して15万円であえなく失敗しました。。

そんな経験のある私が言えるのは、クラウドファンディングを試みている方は今回のセミナーを是非聞いてほしい!ということ。知識なしで挑むよりはセミナーで知識をつけてからクラウドファンディングを進めた方が間違いなく達成の確率が上がるので聞いて損はしない内容となります。ご興味ある方はfacebookページをご覧ください。

クラウドファンディングのセミナー詳細はこちら

———————————————————

過去に島袋ライターに書いていただいた記事

うつ病インタビューVol.1

うつ病インタビューVol.2

鬼ごっこレビュー

人狼ボードゲームレビュー

インタビュアー感想

TSUNAGU.代表えいき

SONY DSC

私はボードゲームというツールで日本を救えると本気で信じています!笑われてもバカにされてもそこに揺るぎはありません。
うつ病や自殺が絶えず心の通わぬ人間関係が後を絶たない日本を、ボードゲームを通じて笑顔とワクワクで心の豊かな日本人を増やしたいと本気で思っています!!
しんちゃんがうつ病になってしまってから復活するまでの実体験は、まさに私が思い描く理想の形でした。うつ病になってしまったけどボードゲーム会に参加して人と交流することで体調が良くなっていった境遇の方が実際にいるということがわかったのは、私がこれから活動していく上でも大きな自信となりました。
毎日仕事に追われ息抜きする時間がなく疲弊していく…病んでいく
そんな中で勇気を出して一歩踏み出した世界で「元気を取り戻し」「生きる活力を養い」「また明日から仕事頑張ろう」と思えるようになって人生が明るくハッピーになる。そんな環境を我々も目指していきます!
今回はブログの記事を見てお問い合わせいただき、たまたまお話をしていく上で「うつ病を患っていた過去」をお聞きして今回のインタビューが実現しました。
これからも同じ志を持つ同士として、お互いに力を合わせてボードゲーム業界を盛り上げて明るい日本社会を創っていきたいと思います。

______________________________________

______________________________________

TSUNAGU.では、うつ病を改善できるほどのコミュニティではありませんが

22728898_138488616795341_6429992734583125970_n

ささやかながら笑顔の空間をお届けしています\(^o^)/

心安らげる場所を提供したく、毎月ボードゲームを開催してます!

SONY DSC

TSUNAGU.ボードゲーム会=つなぐぼ

『つなぐぼ』イベント秘密基地☆初心者のためのアットホームなボードゲーム体験会とは?!
初めまして。こんにちは! ご訪問いただき、ありがとうございます。 TSUNAGU.代表のイベント起業家えいきです...

ボードゲームに虜になった男

ボードゲームの虜になりボドゲ経験1年未満で主催するイベント起業家の末路とは
初めまして、こんにちは。楽しい空間を提供するのが大好きなイベントコーディネーターえいきです。 私の趣味は、カラオケ・麻雀・岩盤...

TSUNAGU.ではこんな方を探しています

●うつ病を患ってしまった経験を話してくれる方

●ボードゲームの記事をまとめてくれるライターの方

●チラシのデザインを一緒に考えて制作してくれる方

●ボードゲームのファシリテーター養成講座の受講してみたい方

ご協力いただいている方々には、『笑顔の空間つなぐぼ』に無料で参加することができます(^^)

ボードゲームFavebookアカウント

【お問い合わせ
メール:info@tsunagu-smile.jp

Facebook:つなぐぼ

日本人がもっと笑顔でワクワク生きれる社会を創造します!

************************
★笑顔になれる,ワクワクできるイベント情報を配信中★
TSUNAGU.
Email: info@tsunagu-smile.jp
ブログ『イベント秘密基地』
Blog: http://tsunagu-smile.jp/

Twitter
Facebookページ
http://urx.mobi/FAAK

*************************

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする