No53.サラリーマンからの旅立ち

サラリーマンの私は考えた・・・

このままの人生で良いのだろうか・・・

やらいたいことに目を背けて良いのだろうか・・・

毎日変わり映えのない毎日で

朝起きて職場に向かい

夜家に帰ってご飯を食べて寝る。

そんな繰り返しの毎日。

ワクワクもドキドキもしない生活。

もちろんサラリーマンを否定するつもりもない。

むしろ尊敬している。

我慢しながら仕事

毎月一定の金額が会社から支給されることって凄いことだと思う

会社の業績が悪かろうと

ミスをしてプロジェクトが失敗しても

給料は決められた金額が支給される。

会社もまた、凄いと思う。

従業員へ毎月の給料日に一定の金額を全員に支払うということが。

安定した収益が入ってこないと、それは成り立たないから。

そんな私は、自分の好きなことを仕事にして

かつ、『笑顔とワクワクを届けて、希望の持てる日本にしたい』

というミッションを勝手に自分に課している。

独立・・・

起業・・・

失敗するかもしれない

うまく軌道のあらないかもしれない

家族に迷惑をかけるかもしれない

でも今の想いのまま、会社に勤めることもできないし、

本気で仕事に取り組めないと会社にも失礼だと思う。

うまくいく保証なんてどこにもないけど、

このままチャレンジしないで後悔するくらいなら

チャレンジして失敗した方がスッキリもするし納得もいくし、後悔もしないし、諦めもつく。

2年やってダメなら自分には力がなかったということ。

センスがなかったということ。

残念ながら受け入れなければならない。

成功はチャレンジしない人には訪れないだろう。

なぜならスタートもしない人に失敗は訪れないから。

成功のスタートは、まずチャレンジすることから!

何をするかよりも

誰とするかを大事にしたい。

オリジナルの一工夫を加えて、どのようなやり方でやるか。

じことをやっても、うまくいく人とうまくいかない人に分かれるのは

やり方の問題なんだなと思う。

さぁ明るい未来を信じて羽ばたこう!!

日本に笑顔とワクワクをとどけられるように♪♪