毎月3回定期的にイベントを開催する4つのコツ


■スポンサーリンク■



初めまして。こんにちは!

イベント事業をおこなっているTSUNAGU.代表えいきです。

TSUNAGU.の事業大きく3つに分かれていまして、『展示会やセミナーなどのイベント運営』・『ボードゲームなどのイベント企画』・『イベント写真や動画制作』をベースに活動しております。

今までに様々なイベントを開催してきました。

タコパ・BBQ・ミスチルイントロクイズ大会・セミナー・講演などなど。

イベントを1度は開催したことがある人なら感じたことがあると思うけど、イベントってけっこう準備が大変なんですよね。イベントで何をやるかはもちろんのこと、日程、参加者集め、下調べなど事前にやるべきことがたくさんあります。

そんな手間がかかるのに何故みんなイベントを開催してみたいかというと

「参加者に喜んでもらいたい」とか「これは知ってもらいたい」そんな想いで開催している人が多いように感じています。

ひとえにイベントと言っても様々なジャンルや種類が存在します。

そんな中で力を入れているのがボードゲーム会の開催!!

2017年2月から開催してきたボードゲーム会。

今回はイベントを定期的に開催してみたい方向けに、私の経験談として1年3ヶ月50回イベントを開催してきたノウハウについてていきます。

イベントを毎月開催するのは容易ではありませんが、コツをつかめば継続して開催することも出来ちゃうのです。そのちょっとしたコツを今回はお伝えしていきます!

ボードゲーム会を開催した経緯

経緯①

とあるイベントで「モノポリー」というボードゲームを体験したときにボロクソに負けて悔しかったので、友人を集めてやってみようと思って開催したのが最初のきっかけ。

経緯②

第1回を開催したときにボードゲームについて詳しくてボードゲームを所有している方と知り合い、お借りして開催するようになった。

経緯③

ルールが複雑でないボードゲームもたくさんあり、全く経験したことない人でも楽しめて笑顔になれるところ。

単発でのイベント開催であればさほど難しくはありませんが、継続することが難しくもあり価値の提供にも繋がります。『継続』してイベントを開催するために気を付けてきたポイントをご紹介します。

毎月イベント開催するコツ

コツ①  気軽に準備できるものでやる

ボードゲームはやり方を覚えて、説明できるようになって、物を準備するだけ。

あとは会場を確保できれば開催するのは簡単です。

物によっては大きいサイズの箱もあって持ち運びも苦労するときもありますが、他のイベント開催に比べたら準備はとても楽です。

イベントを開催するには進行やら準備やらスケジュールなど様々な部分に気を配る必要があるため、ボードゲームはとても簡単に開催しやすいイベントになります。

コツ②  少人数でも開催できるものを選択

イベント開催において一番大事というかネックになるのが『集客』です。人が集まらないと開催できないのでなんとか人を呼ぼうとしますが、思ったとおりに人が集まるという経験をした方は少ないのではないのでしょうか。

人集めが大変んだってそう!

めちゃめちゃ稼げる人間なんてごくわずか数パーセント。

最低4人集まれば楽しい!!

そんな空間を作り出すことができるのであれば開催のハードルは一気に低くなります。会場もあまり広いスペースを利用しなければ人数が4人程度でも少ない印象にはなりません。

まずは少人数でも楽しめる空間を作ること。

参加者には事前に『4名限定』など少人数で開催するという旨をお知らせしておけば人数が少ないことはさほど気にならないと思うので、まずは開催してみる!ということを意識して第一歩のスタートを切ることから始めてみましょう。

コツ③  仲間を作る

定期開催においてこのポイントを抑えられるかが非常に鍵を握ります!!

始めの内は最初から簡単に人は集まりません。SNSが普及している世の中になってきたとはいえ、FacebookやTwiteerでイベントページを作成しても実際に参加してくる人は少ないでしょう。

参加者を募っても、相手にも予定があったりタイミングが合わないと参加まではなかなか辿りつけません。面白そう・楽しそうと思ってもらっても人は初めて体験することにはとても躊躇する生き物です。

なので参加者にいかに満足してもらうかを考えることも重要ではありますが、まずは自分の想いに共感してくれる人や、協力してくれる人を探してから開催すのが良いでしょう。

いくら素晴らしい話法だろうと信用がないと購入にはいたらない。

自分がやろうとしている「イベントを一緒に開催してくれる人」や「無料だったら参加してもいいよ」と言ってくれる人を探してみましょう!

要するに何が言いたいかと言うと、結局は『その仕組みを作る人間が一番強い』を開催した後に写真に残しておいて

一度も参加したことない人は「どんな様子で開催しているのか」が一番気になるポイントになるのでイベント開催した際は参加者の許可を得て様子を写真を撮ることを心がけてみましょう。

イベントの雰囲気がわかる写真というのは言葉よりも大きな説得材料になり、まだ来たことない人の参加を後押ししてくれます。

コツ④  赤字にならない

これは人によっては関係ないことになるかもしれません。

慈善事業としてボランティアでやる。利益は必要ないという方には

どうせ開催するなら少しくらい身入りがないと開催していて切なくなります。

当日キャンセルもイベントを開催していると必ず発生してくるので、

開催前に事前支払いを設定しておくのもキャンセル防止となり参加費のとりっぱぐれもありません

口座を知らせておいて振り込みを促す方法もありますが、信用できる相手でないと開催前に支払うことをためらう人は多いです。

最後に

ハッキリというとイベントを1回だけ開催することならだれでもできます。

なんのためにやるのか。なにを提供したいのか。自分も楽しめているのか。参加者にありがとうと言ってもらえるか。

これらが定期開催の原動力となってきます。

まずは何事も『行動する』ということが自分を新しい世界へ導いてくれて成長・やりがい・ドキドキ様々な感情をあじわい、人生をより楽しむことができると思います。

イベントを開催してみたい、継続して開催したいなどのイベントのご相談随時承っておりますので、お気軽に下記までお問い合わせくださいませ。

■スポンサーリンク■

イベントを通じて日本人がもっと笑顔でワクワク生きれる社会を創造します!

************************
★笑顔になれる,ワクワクできるイベント情報を配信中★
イベント運営事務局TSUNAGU.
Email: info@tsunagu-smile.jp
ブログ『イベント秘密基地』
Blog: http://tsunagu-smile.jp/

Twitter
Facebookページ
http://urx.mobi/FAAK

********************

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする