イベント起業家が日本の社会問題の解決について考えてみた結果こうなった

甘くはなかった社会問題の解決

こんにちは!30歳を目前に2児のパパで、独立したイベントプロデューサーえいきです(^^)

今まで保険や不動産など金融業で勤める経験が多くありましたが、全くの畑違いである『イベント業』に取り組んでいるわけでありますが、

日本人は我慢したり、空気読んだり、自分の感情を押し殺して自分らしく生きれる人が多いと思うんので、イベントという第3の空間を通じて、もっと笑って楽しく過ごせる心の拠り所を創りたい!そう思って独立しました。

日本の大きな社会問題としてこんなテーマがあるのかなと思います。

うつ病・自殺・引きこもり・孤独死・託児

もちろんこれだけだはないし、地球規模で見たときに貧富の差、戦争、地球温暖化など解決しない問題は山積みであらゆるものが存在する。

孤独死については、昔お坊さんとセミナーをコラボ開催したので、多少は知識がありますが、他はほとんど知識がありません。

イベントを通じて、「自殺」や「うつ病」などの改善ができたらと思っていましたが、そう簡単ではないことを痛感した出来事をご紹介します。

 

最近あった問い合わせ内容

ブログを見てくださってTSUNAGU.会員登録してくれた方からお問い合わせをいただきました。

どんなお問い合わせかというと、私が運営のお手伝いをしている「200人規模の運動会に参加してみたい」という内容でした。

運動会の詳細が決まったらご連絡しますね。とお伝えをして、

他にもタコパなど様々なイベントを開催しています。とお伝えをしたけど、あまり興味ない様子だったので運動会の詳細が決まったら連絡しようと思っていました。

するとある日彼女から「この前断ってしまったんですがタコパに参加してみたいです!」

と連絡がありました。

しかし、まだその時は気付かなかった。

イベントに参加したい理由は、「仕事と友達関係がうまくいかずで気分を変えたい」とのこと。

それからしばらく経ったある日、「お電話できたりしますか?すごく悩んでいて話を聞いてもらいたい」と連絡があった。

それから電話をしたのちに面談しましょう。

そう言って日時が決まった。

でも結局は会えなかった。

当日の連絡がなくて心配していたので連絡をして話をしていると、

彼女は言った。「自分の顔が醜く見えて外に出るのも怖い」と。

そんな内容を知らされた。

病気なのか、精神的な病なのかわからないけど、

過去に一度だけ、同じような思考にいたっていた女性がいました。

そして、面談予定の数週間後に開催を予定していた鬼ごっこに「参加します!」と言ってくれていたが結局は来なかった。

いや来れないという方が正しいのかもしれない。

本人は行きたい気持ちはあるんだけれど、いざ一歩踏み出す勇気が出ないということ。

でも鬼ごっこ開催した数時間後に電話がありました。

「今日行きたかったけど行けませんでした。二次会から参加できますか?」もちろんOKをしたけど、彼女は姿を現すことはなかった。。

正直私も暇ではない。やらなければいけないことがたくさんある。

面談をドタキャンされた時も、体調不良で行けなくなってしまうのは仕方のないことだけれど「相手の時間を使っているという理解はしてほしい」と正直に伝えた。

その後も何度が連絡が続いたが、行きたい…..けど…..行けない…..

そんな繰り返しだった。。

その時に私は感じた、、

もはや人のことを考えられる状況にないから、自分自身で精一杯なんだろうなと。

そして、そういった方々が精神的に安定して社会復帰できるようになるためには、改善に取り組むこちら側の人間がそれなりの時間と労力とお金を使わなければ改善は難しいことなんだと感じた。

「社会問題かいけつ!!!」口で言うのは簡単だけど、いざ実際にやってみると、もの凄く難しいことだと実感したできごとでした。

もちろん簡単に改善できるなんて、これっぽちも思ってなかったけど、

それでも私の認識は甘かった。

よっぽど時間をかけていかないと解決が難しい社会問題なんだなぁと改めてこの時に打ちのめされた。

簡単じゃない大きな問題なんだと。

私にできることはないのか?

そんなことを考えていたら

やっぱり一つの答えに行きついた。

俺には楽しい環境を提供することしかできないんだってことに。

だから、心が病む前に

うつ病や自殺が起きてしまう前に

生きることって楽しい!!

人と接するってこんなにも楽しいんだ!!

仲間って素晴らしい!!

そんなことが知れる環境作りをしていきたいと思いました。

私にできることは、

心の病なってしまった人を救うことではなく、

その状態にならないように未然に防ぐこと!!!!!

精神的に追い詰められる前に改善!!

精神的に疲れてしまうことは誰が悪いでもない。

環境が支配しているケースが多いから、仕事やプライベートそのものの環境を変えるしかないんだ。

だからその人の心の拠り所!となるような楽しい空間を提供したいし、世の中の素敵なイベントをより多くに知ってもらえるように常に発信し続けていたい、。いつどこで、その人が求めているその情報に届くかわからないから。発信を辞めたら、もしかするとその情報を知りたい人に知れるチャンスの芽を摘むんでしまうから。

そういう地道な作業をしていくことが『心が豊かな日本人』が増えていくのだと思います。

大きな社会問題なので、いずれ取り組みたいと思っているけど、今の私では力不足すぎて到底叶えられないから、まずは力をつけて自分にできることを精一杯やっていこうと決めました。

その人がその人らしく生きられいること

ありの~ままの~

流行りましたね「アナと雪の女王」

ほんと

かっこつけずに

ありのままに

生きて欲しい

もちろん

社会生きていくには

ありのままに生きると言っても自分が感じたばかり主張していては成り立たないし、相手への配慮や思いやりは当然ながら必要になってくるけど、もと自分らしく生きてほしいな。

みんな自分を押し殺しすぎじゃないか??

私が思うかっこいい生き方ってのは、周りの意見なんか気にせず目もくれず、やりたいことや自分の道を突き進んでいる人だな。

だから自分も思ったことをこうして伝えているんだ。

反対意見があったっていいじゃないか。

価値観も環境もバラバラで

ってやっと最近気づいた(笑)

だからこうやって誰か嫌な想いするかもなとか余計な心配をして記事を書くことが少なくなってきた。

響く人に響いたらいい。

価値観も生き方も人それぞれ。

個を尊重して協調して共存しようぜ!他人から言われても変われない。自分が本気で変わろうと思わないかぎり変われはしない。そう、わかってるけど…。

でも悩みながらもがきながら、必死に生きていくのも案外悪くないぜ?! 

 

 こんな方を探しています!

●より多くの人に素敵な情報を届けるべく、ブログやサイトの記事を書いてみたいライターさん

●イベント参加者が楽しく笑っている姿形に残すべく、写真撮影してみたいカメラマンさん方素敵な笑顔イベントの動画編集をしてみたい人

●おもしろおかしく記事を書いてみたい人

●チラシや資料などデザイン作成が好きな人

●イベントに参加してみたい人

●「起業」や「恋愛」などの相談に乗ってほしい人

などなど。

みなさんと一緒に形に残していけることが私のやりがいです!!

自信あるとか出来る出来ないとか全く関係ありません。

重要なのは、やってみたいか、やってみたいかだけです。

チャレンジしてみたいか、自分の好きな分野だからでもいいし、全く新しくやるでも問題ありません。

まずは行動するということ。自分から動いてみるということが大事なんじゃないかなと思います。

さぁ自分の人生悔いのないよう一生懸命楽しく生きようぜ!!!

 

【問い合わせ先】
電話:070-6651-8335
メール:info@tsunagu-smile.jp
Facebook:イベント情報館tsunag
日本人がもっと笑顔でワクワクできる社会を創造します!

************************
★笑顔になれる,ワクワクできるイベント情報を配信中★
TSUNAGU.
Email: info@tsunagu-smile.jp
ブログ『イベント秘密基地』
Blog: http://tsunagu-smile.jp/
*************************

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする