10/3(月) 日本経済新聞 小ネタ情報まとめ

日本経済新聞 朝刊の情報まとめ

営業先とのトークで知っていると役立つかもしれない情報を

保険の営業マン向けにお客様との会話の小ネタとして毎日配信しています。

知人が配信されている記事をご紹介いたしますので、営業ツールとしてお使いください。

【10/3(月)日経小ネタ】

☆有名人の誕生日
1969石田ゆり子(女優)
1975石嶺聡子(歌手)

☆保険ショップ戦国時代
ドコモ、ニトリ、ヤマダ電機、ゼクシィ、日本調剤などの異業種企業が参入

ニトリは日本生命と提携し、保険ショップ5店舗展開。家具の購入は結婚や出産、就職など人生の重要な節目に重なることが多く、保険の加入や見直しを同時に提案しやすく相乗効果見込める。地銀もマイナス金利政策の影響で保険ショップの展開する動きが広がっている。静岡銀行、七十七銀行、西日本シティ銀行など15行は業界最大手「保険の窓口グループ」と提携し、全国43ヶ所で共同店舗などを展開する。

■私見

戦国時代というよりは想定通りです。ニトリは保険ショップ立ち上げに関わり、結局ニッセイに横取りされた苦い経験ありますが、資本力の差で負けました。異業種保険展開まだまだ可能性あります。保険代理店の異業種展開を考えている方募集中です(笑)危機感を持たないといけないのはプロの保険代理店さんです。マーケット特化、販売手法特化と何かに突出していかないと、いつのまにかマーケットが押さえられしまいます。オセロでいうと今四つの角が押さえられようとしています。

☆安倍晋三首相、持病である潰瘍性大腸炎について「薬のおかげで(症状は)ずっとうまくいっているので『マリオ』にさせられた」と語り、会場の笑いを誘った。リオデジャネイロ五輪の閉会式で、人気ゲーム「スーパーマリオブラザーズ」のマリオにふんしたエピソードを引き合いに、最近の健康不安説を払拭したい意向と見られる

■私見

第一次安倍内閣の際、潰瘍性大腸炎の悪化により、退陣となりました。そのときに服薬した薬が未承認薬のアサコールという薬でした。アサコール使用は混合診療となり、健康保険適用部分も10割負担となります。そして安倍首相の働きかけもあり、この4月にー患者申出療養制度がスタートしました。未承認薬を使っても混合診療にあたらず3割負担のままという素晴らしい制度です。どこまでこの制度が広まるかは私達保険に携わる者の啓蒙活動にかかっております。

以上、2016年10月3日(月)日本経済新聞情報まとめでした。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする