8/21(日) 日経情報まとめ 営業マン向け小ネタ

日経新聞朝刊の情報まとめ

営業先とのトークで知っていると役立つかもしれない情報を

保険の営業マン向けにお客様との会話の小ネタとして毎日配信しています。

知人が配信されている記事をご紹介いたしますので、営業ツールとしてお使いください。

【8/21(日)日経小ネタ】
☆有名人の誕生日

1921クマのプーさん
1947稲川淳二(タレント)
1953関根勤(タレント)

☆改築費用最大50万円、中古住宅購入時補助。ただし40歳未満に限る

政府は空き家解消促すために2016年度の補正予算案に250億円の事業費を盛り込む。秋の臨時国会に提出し成立すれば年内にも新制度が始まる。全国で820万戸に達する空き家対策につなげる。
中古住宅のリフォーム費用は仕様や場所によって大きく異なり、一戸建てでは1千万円を越すことが珍しくない一方、マンションでは数百万円の場合が多いとされる。

■私見

50万円でできるプチリフォームのパッケージがあれば、もっと宣伝しやすいのですが。
39歳までの制度ですので、30代後半の方には駆け込み需要をいかに喚起するかがカギ。

☆三井住友銀行、10月から窓販での保険商品1の手数料開示決定

他のメガバンクやりそな銀行も10月開示に向けた準備をしているが、実施を明らかにしたのは三井住友銀が初めて。手数料を開示するのは一時払い貯蓄性の商品。日生、第一フロンティア、三井住友プライマリー、ソニーライフエイゴン、メットライフ、マスミューチュアルの6社会14商品が対象。

■私見

一時払い商品と月払い商品の手数料の差は、数倍から時には10倍程度にもなります。今後月払い商品の窓販販売は一歩後退とならざるをえないと思います。プロ代理店さんは当面銀行で販売できない商品で手数料を稼ぐことができますが、時間の問題。全ての商品が全ての販売チャネルでの手数料開示となる前に、独自の戦略を作れるかが今後代理店さん存続のカギとなりそうです。

以上、2016年8月21(日)日本経済新聞朝刊の情報まとめ小ネタでした。。

日経電子版はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする