8/18(木) 日経情報まとめ 営業マン向け小ネタ

images[2]

おはようございます。

毎日営業を頑張っているあなたへ贈る、

日経新聞朝刊の情報まとめ

営業先とのトークで知っていると役立つかもしれない情報を

保険の営業マン向けにお客様との会話の小ネタとして毎日配信しています。

知人が配信されている記事をご紹介いたしますので、営業ツールとしてお使いください。

【8/18(木)日経小ネタ】
☆有名人の誕生日
1965吉川晃司(歌手)
1967清原和博(野球)
1972中居正広(SMAP)

☆日経平均株価、円ドル
16745.64円(+149.13)
100.23円

☆働く母親、過去最高の68% 15年厚労省調査

働く母親が増えている。厚生労働省がまとた2015年の国民生活基礎調査によると、18歳未満の子どもがいる母親のうち、仕事をしている人の割は68.1%。14年と比べ2.4ポイント増え、統計を取り始めた2004年以降で最高となった。共働き世帯の増加や女性の就労継続に向けた支援が寄与したとみられる。

4万6634世帯から有効回答を得た。仕事に就いている割合は子どもの年齢が上がるにつれて上昇する傾向にあるという。

■私見

厚労省の委託事業として「女性就業支援全国展開事業」というサイトがありましま。
http://www.joseishugyo.go.jp/gaiyo/

初めて知りました。
お金の話題は保険や運用商品に繋がる話題です。それにしても10人のうち7人の奥様が働いているのは、極めて高い水準です。

☆NISAに長期積立枠 政府、非課税20年軸に調整

政府は利用が伸び悩んでいる少額投資非課税制度(NISA)をテコ入れする。毎月少額を積み立てたい人のために新たな枠を設ける調整に入った。投資上限を現在の年120万円の半分以下に抑える代わりに売却益や配当に税金がかからない期間を現行の5年から大幅に延ばす方向だ。制度の使い勝手を良くして利用者の裾野を広げる。

■私見

20年に伸びれば、使い勝手はかなり良くなりますね。
しかし、本気で政府が国民の長期分散投資を後押ししたいなら、民間の商品の非課税枠を広げる方が早道だと思います。無い物ねだりをしても仕方ないとは分かっているのですが。

以上、2016年8月18日(木)日本経済新聞朝刊の小ネタでした。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする