8/7(日) 今日の日経朝刊まとめ 営業マン向け小ネタ

images[2]

おはようございます。

毎日営業を頑張っているあなたへ贈る、

日経新聞朝刊の情報まとめ

営業先とのトークで知っていると役立つかもしれない情報を

保険の営業マン向けにお客様との会話の小ネタとして毎日配信しています。

知人が配信されている記事をご紹介いたしますので、営業ツールとしてお使いください。

【8/7(日)日経小ネタ】

☆有名人の誕生日
???野比のび太(ドラえもん)
1975シャーリーズ・セロン

☆国債新規発行、毎年30~40兆円。4人家族の場合、いくらの借金がある計算になるでしょうか?


2656万円。一人当たり664万円。

今朝の日経一面は国債特集。トップ記事にはこう書いてます。
「国の借金、日本国債。毎年、100兆円近い予算の3分の1を穴埋めし、積もり積もった残高は2016年度末で、838兆円に達する。ツケはいつか子や孫達が払う。これまでは銀行などが買ってくれたので借金もできた。だが、最近は様子がおかしい。」

■私見

上記記事は内容そのまま。他人事に聞こえます。きっと、他人事なんでしょうね。毎年の予算100兆円で838兆円の借金って一般家庭ならありえません。
600万円の年収家庭が4800万円の借金の計算です。
今日の小ネタはお客様のところで、クイズを出して、その後日経一面記事を語るという流れで使えます。

で、どうすればこの借金から抜け出せるのでしょうか?国は当てになりませんので自分でなんとかするしかありません。

【参考】
国民一人当たりの借金推移
80年度第二次オイルショック:60万円
92年度バブル崩壊:144万円
09年度:470万円
16年度:664万円

このまま借金増えたら社会保障制度や年金制度が保てないのは一目瞭然ですね。

☆新生銀行、大手銀行で初のFX参入

FXは業者に預けた証拠金の数倍から数十倍の外貨を売買できる取引。新生銀はスマホなどの利用頻度が高い若い顧客らに対して、運用手段の一つとして売り込む。取引上限は、証拠金の1~25倍までの5段階。

■私見

大手銀行もマイナス金利の影響で預金の利ざやでは稼ぐことできず、従来は危険だからと銀行では扱わなかった商品を扱い始めています。この流れに乗った先駆者は利益を先取りします。

以上、2016年8月7日(日)日本経済新聞朝刊の情報まとめ小ネタでした。。

日経電子版のお申込みはこちら