7/25(月) 今日の日経朝刊情報 小ネタ

images[2]

みなさんおはようございます。

毎日営業を頑張っているあなたへ贈る、

日経新聞朝刊の情報まとめ

営業先とのトークで知っていると役立つかもしれない情報を

保険の営業マン向けにお客様との会話の小ネタとして毎日配信されているものです。

知人が配信されている記事をご紹介いたしますので、営業ツールとしてお使いください。

【7/25(月)日経小ネタ】

☆有名人の誕生日

1961ジャガー横田(女子プロレス)
1964高島礼子(女優)

☆出来事
和歌山カレー事件

☆損保、新種の保険続々の謎

日本の損保は欧米に比べて新たな保険を生み出す商品開発力が弱点
新商品開発が相次ぐ理由は2つ。自動車保険頼み限界と技術革新に伴う想定外のリスク増。
損害保険ジャパンでは、静岡県の依頼を受けて富士山の噴火の保険を、噴火したら一定額を支払う金融派生商品(デリバティブ)として商品化。

他新商品は下記の通り。

東京海上:自動運転の実証実験保険
損害保険ジャパン:成年後見人分野の保険
三井住友:再生医療分野の保険
あいおいニッセイ:タクシーなどの民間救急分野の保険

■私見

損保と同様に生保も医療保険やがん保険などは医療分野の技術革新に影響受けて新商品開発として連動します。いまだ商品内容は横並び感がありますが。

☆シンガポール銀行最大手が日本で来月から証券業に参入。DBS証券として開始。

マイナス金利で運用難になっている機関投資家などに、相対的に利回りの高いアジアの金融商品を販売する方針。アジアを含めた海外運用の拡大に動く地銀や生命保険会社の需要を取り込む方針だ。

■私見

生保会社にとっては、運用の幅広がります。運用難に直面している今、藁にでもすがりたい状況の中、絶妙のタイミングでDBSは商売スタートです。自前での運用力アップかアウトソーシングしていくかは保険会社や地銀は選択を迫られます。

☆筆者観察眼
ポケモンGO
通勤中のサラリーマン
電車の席で
ポケモン探し
凄い感染力

以上、2016年7月25(月) 日本経済新聞朝刊の情報まとめ小ネタでした。。

日経電子版のお申込みはこちら