【新聞】7/1(金)日本経済新聞朝刊 営業ツール小ネタ

images[2]

みなさんおはようございます。

毎日営業を頑張っているあなたへ贈る、
日経新聞朝刊の情報まとめ

営業先とのトークで知っていると役立つかもしれない情報を

保険の営業マン向けにお客様との会話の小ネタとして毎日配信されているものです。

知人が配信されている記事をご紹介いたしますので、営業ツールとしてお使いください。

【7/1(金)日経小ネタ】

☆有名人の誕生日
1955明石家さんま
1961カール・ルイス(陸上)

☆日経平均株価、円ドル
15575円(+9円)
102円

☆カーシェアリングにベンツ120台、10分120円、まずは新宿・渋谷・横浜で!

三井のリパークがベンツを導入。若い世代の車離れが進む中、高級車アピール。若い世代は携帯電話など通信費への支払いを優先し、移動も電車やバスで良いという人が増えている。
最近のカーシェアリングは40,50歳台の主婦層が買い物や子供の送迎に使うなど利用の形が多様化している。

■私見
ベンツならカーシェアリングに興味がない若者も使うという狙いは当たるのでしょうか?隣に泊まってる乗用車が値段半分なら、そちらに流れるでしょうし。要するにベンツ以外の利用金額に左右されると感じます。皆様のお客様はどのような感想でしょうか?


☆ふるさと納税、返礼品は体験。サーフィンやマラソン参加券を贈るなど。

返礼品に地域の特産品ではなく体験をきっかけに観光振興にもつなげたい考え。

◎神奈川県
サーフィンやダイビング、水族館、工場夜景見学ツアーなど約30のメニュー

◎海老名市
50万円以上寄附で、シネマコンプレックス発祥の地である「イオンシネマ海老名」の劇場を2時間貸し切り
◎さいたま市
5万円以上納めた市外在住者にさいたま国際マラソンに参加できるようにした。
◎千葉県市川市
8月の市民花火大会の観覧チケットを返礼品
◎多摩市
ちびまる子ちゃんなどのヒット作で知られる日本アニメーションでスタジオ見学できるチケットを贈る
山梨県大月市
5000円寄附した人に里山保全の体験をしてもらう

ふるさと納税は応援したい自治体に寄附すると居住地で減税される仕組み

■私見
体験型は、返礼品よりもその体験がしたいコアなメンバーが集まりそうですね私はたった5000円で里山体験ができるならすぐ5000円寄附したいです。でも、読者の皆様には響かない方がきっと多いと思います。狙い通り来てもらって気に入れば毎年足を運ぶきっかけにもなり、かつどんどん紹介にもつながります。
営業でもそうだと思いますがある分野のコアなメンバーを集め組織化していくことは大事な戦略です。広くではなく狭く深くです。

以上、2016年7月1日日経新聞情報まとめでした。。