No93. 「戦傷病者の証言」〜南方編〜定期上映会に行ってきた

こんにちは。

30歳を目前に2児のパパでサラリーマンを退職したイベント起業家“えいき”です。

今回は、東京ウォーカープラスで知った、九段下にある「しょうけい館」(戦傷病者資料館)に行ってきましたので、簡単にご紹介☆

『しょうけい館』九段下駅6番出口 徒歩1分

しょうけい館

◉上映場所◉

会場: しょうけい館
期間: 2016年6/14〜7/18(月)まで
時間: 10:00-17:00
休館日:毎週月曜日、祝日
電話: 03-3234-7821
住所: 千代田区九段南1-5-13 ツカキスクエア九段下

上映場所はこんな感じ

最大で24名まで座れます

会場

平日の昼間ということもあり、おじいちゃん、おばあちゃんが数名いらっしゃる程度。

土日ならもう少し人が多いのではないでしょうか?

◉上映内容◉

「戦傷病者の証言」〜南方編〜

南方の島々で負傷し生き抜いた戦傷病者たちの収録ビデオが、無料で上映されています。

戦争経験者の生の声がVTRコメントで聞ける貴重な場所になります。

今回の上映会では、南方の島々での受傷者を紹介する。この中には、係留中の船舶が米軍の爆撃により右腕を受傷し、撃沈した船から重油の海へ飛び込んで九死に一生を得、左手で海洋船舶画家となった方。沖縄の軍属で勤務していた女性が右腕切断、顔面火傷という重症を負いながら戦後は戦災孤児の育成に尽力した方。この他、様々なハンデを乗り越え活躍した方々の映像が上映される。戦場に生きた方の人生を知る機会。

藤谷さん

『小学校を出て先生に』平成19年収録

藤谷さん

◉感想◉

辛い経験は自分の糧となり、苦しかった経験も自分の肥しとなる。

ないものねだりではなく、今この状況でなにができるか精一杯に動いているのがスゴイ。

(サラリーマンは、ないものねだりな人が多い気がします)

普段から考えてはいるが、いつ死ぬか、いつ病気になるか、いつ震災が起きるか、いつ戦争が起きるか自分の身に降りかかるかわからないので、一瞬一秒を大事にして生きたいと改めて思った。

戦争にしろ殺人にしろ争いは絶えないのでしょうか??

譲り合い共存して協力していく社会は作れないのでしょうか??

命の大切さについて改めて感じることができました。

自殺なども含めて、自分の命をないがしろに考えている人が増えてませんか?

自分の命を全うしたいです。

今まではたくさんの方にお世話になり、たくさんのことをいただいてきたので、

これからは人の為になる、人に影響を与えられる人生を送りたいです。

九段下といえば、靖国神社ですが、

靖国神社に行かれる予定のある方は、1度立ち寄ってみてはいかがですか??

戦争体験記が聞きたい方は、オススメです。

お問い合わせはコチラまで

****************************
笑顔とワクワクを届ける
イベント起業家TSUNAGU.

Email: info@tsunagu-smile.jp  Blog: tsunagu-smile.jp

****************************