No28.夢を叶えてくれる魔法のサイト②

No27.でお話をしました『クラウドファンディング』はとっても素晴らしいサービスだと思いますので、仕組みについて簡単に解説しますね(*^_^*)

人によって「やりたいこと」はそれぞれあると思いますが・・・

例えば、「武道館ライブをしたい」という企画を提出するとします

①やりたい企画の提出

次に、武道館ライブをやるためのトータル費用を算出します

②実現するための費用の算出

仮に1,000万円必要だった場合は

1,000万円という目標額を集めることとなります。

1,000万円の目標額をどれくらいの期間で集めるのか

③期間の設定

そして一番肝心などのようにお金を集めるかです。

一人で1,000万円を出資する人はいませんので、

一人から1,000円、5,000円、10,000円、300,000円と

出資を募る形になるのですが、

金額に応じてリターンがあります。

例えば1,000円の方はお礼メッセージ

5,000円の方は武道館のチケット無料券

10,000円は〇〇

リターンは出資者が決められるので魅力的なリターンを設定することも

目標額を達成するための重要なポイントになるのかもしれません!

④金額に応じたリターンの設定

出資者の心理としては、

この企画おもしろそうだから出資しようというパターンと

リターンが魅力的だから出資しようというパターンの主に2つがあるのかなと思います。

クラウドファンディングを運営している会社はどのようにして運営をしているかというと、目標額に達成した場合のみ、目標額×手数料(約20%)

を手数料としてもらう仕組みとなっています。

(なんとうまい仕組みになっているのか)

ちなみに、目標額に達成しなかった場合はどうなるのか?

契約は不成立となりますので、

「出資していただいた方」にはお金が返金され、

「運営会社の手数料」と「企画者への融資」のお金は

成立されたのみにもらえる仕組みとなっているので

仮に先程の例で1,000万円の目標額に少しでも足りない

999万円出資金が集まったとしても

一銭も入らないので、0円となります。

ウィキペディア クラウドファンディング

https://ja.wikipedia.org/wiki/クラウドファンディング

で検索してみてください。

クラウドファンディングの創業者は大学生時代に、

オリンピックを目指していて技術に優れている日本が

スキーの裏に塗るワックスが満足に購入できないがために

成績が振るわなかった・・・という現実を目の当たりにして

ワックス購入の援助をしてくれる企業や団体を探して

目標額を集めた!というのがきっかけのようです。

そして、日本選手はそのお蔭で金メダルを獲得することができたので

こんな幸せなことはない☆と思ったことがクラウドファンティングのサービスが生まれたきっかけと言われています。

☆とっても素敵な想いに共感します☆

国内最大のクラウドファンディングREADYFORは、誰もがやりたいことを実現できる世の中を創ります。

明るい日本になりますように♪