6/12(日) 今日の日本経済新聞 営業ネタとしての話題作りツール

みなさんおはようございます。

毎日営業を頑張っているあなたへ贈る、

日経新聞朝刊の情報まとめ

営業先とのトークで知っていると役立つかもしれない情報を

保険の営業マン向けにお客様との会話の小ネタとして毎日配信されているものです。

知人が配信されている記事をご紹介いたします。

【6/10(金)日経小ネタ】

☆有名人の誕生日
1974松井秀喜(野球)
1976里谷多英(モーグル)
1978釈由美子(タレント)

☆20日にマクドナルド半数の1500店に無料WiFiを導入。東京五輪に向けて訪日外国人も取り込む狙い。

モスフードでは5/27に800店で導入済。年内に全店1200店の9割の1000店に導入予定。フレッシュネスも年内に全160店で導入

■私見
コンセント目当てにサラリーマンの方も多いマック。100円ハンバーガー片手に長居してます。ますます学生が長居することになりますね。

4月から禁煙治療が公的保険適用となり治療受けやすくなったものの、制度の周知が進まず若者の利用が進まず。

禁煙治療は治療を始めてから1年後の禁煙継続率が35%にとどまる。
スマホの禁煙アプリで「まず顔を洗って水を一杯飲みましょう」と表示。吸いたいタイミングで注意を促し一服やめた例もある。起床時や食後に注意を促したり、健康被害まとめた動画も流す。

■私見
スマホ見る度に真っ黒な肝臓映像が表示されたらタバコ吸いたい気持ちなえますね。個人的には、その都度禁煙できたら仮想マネーが貯まり、ポイントがたまったり、可愛い女性の映像で「かまんばったね。次も禁煙しようね」などがあればもっと禁煙にトライするのではと思います。ちなみに私は吸いません。

☆物価低迷、悩む日銀。

日銀は今年1月にマイナス金利政策を決めたが、その後の消費者物価指数の上昇は2ヶ月連続でマイナスとなり、原油安の影響を除いた指標で見ても上昇率は2%から遠ざかっている。日銀は14~15日のベイ連邦公開市場委員会の結果や円高の勢いを見極めたうえで、追加緩和するかを最終判断する。

■私見
日経記事の黒田総裁の渋い表情の写真が息詰まり感を醸し出してい

以上、本日の日本経済新聞おまとめ情報でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする