説明力・プレゼン力を向上するための3つの意識すべきコツとは

仕事をする上で必要不可欠と言っても過言ではないスキル

『相手に伝わる説明力』

一人で黙々と作業する仕事や、人との関わりがない職種では説明する機会が少ないので必要ないスキルではありますが、

営業マンだけがプレゼン能力を高めないといけないわけではありません。

大多数の人が人との関わる仕事であり、年齢や経験とともに立場が上がっていくので説明する機会というのも増えてきます。

上司に報告をする。部下に指示をする。取引先に現況を伝える。などなど。

仕事だけでなくプライベートでも自分の想いを正確にわかりやすく相手に伝える能力は高いほうがより良いコミュニケーションができるようになるので、生きる上でも大切な力が『伝わる説明をする技術』ということになります。

この力が身につくと、相手のことを考えて話ができるようになるので

周囲との人間関係も今までより更に良くなります。

あなたの職場にこんな人っていませんか??

・何を言いたいのかわかりにくい人

・自分の意見ばかり主張してくる人

・聞く側の気持ちを汲み取ろうとしない人

こういう人の話ってあまり聞きたくないし、もっというとできるだけ関わりたくないですよね(笑)

こんな人にあなたもなってしまわないように今から少しずつトレーニングをサポートするのが

今回のワークショップとなります。

説明力・プレゼン力をアップさせるコツ

相手に伝わる説明ができることのポイントとして大きく3つの要素があると考えています。

1つ目は『要点・ポイントをつかむ

1つ1つ丁寧に説明することは重要でありますが、ダラダラと何を言っているかわからないよ聞く側にとっても負担となり相手も理解することが難しいでしょう。

何が一番伝えたいのか、何故それが必要か、何故するべきなのか、など順序立ててポイントを抑えていくことが相手に伝わる説明をする第一歩となるでしょう。

2つ目は『相手との対話を図る

自分の伝えたいメッセージだけ言葉にしていては相手には伝わらないし響きません。

説明を聞いてくれる相手のことを意識することが必要となってきます。

人それぞれ理解力には個人差がありますので、理解をしてくれない相手を責めるのではなく、相手に伝わる説明ができない自分の力不足と考えることが上達の秘訣です。

3つ目は『場数を踏む

要点・ポイントをつかむこと、相手との対話を図ることが重要とお伝えしましたが、すぐに人とのコミュニケーションの中で出来るようになるわけではありません。実際にイメージトレーニングをしてどのように話したらいいかシミュレーションしたり、実際に人に説明することでスキルが身に付き上達していくので経験値を上げる必要があります。

上記の3つを抑えると、相手に伝わりやすい説明ができるようになりますので是非実践してみてください!!

TSUNAGU.では、実際に説明力を磨けるようにロープレで体験ベースで学べる機会も設けています。

「体験・お問い合わせ」をご希望の方は下記までご連絡をお願いします。

info@tsunagu-smile.jp

件名に「説明力アップ体験」と明記して送信をお願いします。

日本人がもっと笑顔でワクワク生きれる社会を創造します!

************************
★笑顔になれる,ワクワクできるイベント情報を配信中★
TSUNAGU.
Email: info@tsunagu-smile.jp
ブログ『イベント秘密基地』
Blog: http://tsunagu-smile.jp/

Twitter
Facebookページ
http://urx.mobi/FAAK

***********************

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする