【新聞】6/6(月) 日経新聞小ネタ

毎朝の日経新聞を簡単におまとめ!

知人が配信されている記事をご紹介いたします。

保険の営業マン向けにお客様との会話の小ネタとして毎日配信されているものです。

2016年6月6日(月)

☆有名人の誕生日
1956ビヨン・ボルグ(テニス)
1972葛西紀明(スキージャンプ)

☆中小企業が2030年に消滅?

経営者の中心年齢は2015年に66歳となり、この20年で19歳上がった。事業承継や若者の企業が進まなければ30年に80歳前後に達し、今の男性の平均寿命お並ぶ。

☆ソニー生命、5月中旬に一時払い終身保険、個人年金、養老保険他4商品を運用難で販売停止

一時払い終身保険は、4月に予定利率を1.00%から0.75%に下げたばかりだが、急速な金利低下で収益性が悪化した。

☆郵便局で投資信託の販売始めて10年。ゆうちょ銀行が投信の拡販に乗り出す。

マイナス金利の影響で、集めた貯金を国債などの安全資産を中心に運用するも、国債利回り低下で十分な利ざやを稼げなくなった。販売拠点を9年ぶりに広げ、初心者が理解できる商品を増やす。

■私見
ソニー生命やゆうちょ銀行に見られるように、国債で運用する商品は縮小傾向にあります。今後は投資信託や信託型の商品が収益の柱の一つとなるのでしょう
郵便局の窓口でも「ほんとうに貯金だけで大丈夫ですか?利息が増えませんよ。」と営業始めています。この流れに乗り遅れないようにして、投資商品の啓蒙活動が、私たち保険人にも必要です。

以上、6/6(月)日経新聞のおまとめでした。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする